【鬼滅の刃】音柱「宇髄天元」は弱い?他の柱と比べても最弱かどうか考察

鬼滅の刃
出典:Ⓒ吾峠呼世晴/鬼滅の刃
スポンサーリンク
「鬼滅の刃に登場する音柱『宇髄天元』って本当に弱いの?他の柱と比べて最弱かどうか知りたい!」

どうも、フリーランスwebライターのゆりかご(@yuri_20204)です!

今回は、こんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 音柱「宇髄天元」は最弱?
  • 音柱「宇髄天元」の強さ
  • 音柱「宇髄天元」は他の柱より弱い?

宇髄天元がなぜ弱いと言われているのか知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

宇髄天元とは

宇髄天元

出典:あにこ便

宇髄天元は、鬼殺隊最強とされる”柱”の1人。
ド派手な性格をしており、音柱として産屋敷耀哉に仕えています。

二刀から繰り出される豪快な剣術「音の呼吸」を自在に操り、今までに数々の鬼を殺してきました。

そんな宇髄天元は、多くの鬼滅ファンから「弱い、柱内でも最弱」と罵られています。

なぜ、「音柱である宇髄天元が弱い」とここまで言われているのでしょうか?

宇髄天元は最弱?弱いと言われる理由

出典:Ⓒ吾峠呼世晴/鬼滅の刃

  • 上弦の陸に苦戦していたから
  • 蛇柱「伊黒小芭内」に弱いと言われたから
  • 他の柱たちの強すぎる描写があるから

宇髄天元が弱いと言われてる理由は、主に上記の3つが挙げられます。

では、順に見ていきましょう。

上弦の陸に苦戦していたから

宇髄天元は『鬼滅の刃 遊郭編』にて登場し、本編の敵となる上弦の陸「妓夫太郎(ぎゅうたろう)」に苦戦しています。

結果的に上弦の陸を倒せたものの、宇髄天元は片目と左腕を失っています。鬼殺隊の引退を余儀なくされたため、快勝とは言えません。

妓夫太郎は上弦の鬼の中でも位が一番下にも関わらず、ここまでの苦戦を強いられた宇髄天元を見て、鬼滅ファンは弱いという評価をつけたのです。

また、上弦の陸を実際に倒したのは、炭治郎・善逸・伊之助の3人です。3人がいなければ、宇髄天元は上弦の陸に負けていたでしょう。

このような原因から宇髄天元の評価が下がって、「弱い」と言われるようになりました。

蛇柱「伊黒小芭内」に弱い者扱いされていたから

出典:Ⓒ吾峠呼世晴/鬼滅の刃

宇髄天元が弱いと言われるようになったのは、蛇柱「伊黒小芭内」の言葉にも原因があります。

上弦の陸をなんとか倒せた宇髄天元の元に、増援として駆けつけた伊黒小芭内。そのとき、宇髄天元に対してこのようなセリフを言いました。

「たかが上弦の陸との戦いで」
「お前程度でもいないよりはマシだ」

このセリフから、「たかが上弦の陸に苦戦した宇髄天元は弱い」という風潮になったのです。

とはいえ、鬼のランクは強さで決まっているわけではありません。実際、累は下弦の陸の位をもらっていましたが、実力的には下弦の鬼の中でもトップクラスだったらしいです。

多分、鬼舞辻無惨がどれだけ気に入っているか、どれだけ自分の役に立っているのかで決めているのでしょう。

そう考えると、「宇髄天元は上弦の陸に苦戦したから弱い」という判断は間違っている可能性があります。

他の柱たちの強すぎる描写があるから

他の柱たちの強さが際立つ描写が多いことが、「宇髄天元は弱い」という風潮を加速させています。

他の柱たちに実際どのような描写があったのか、具体例を見てみましょう。

  • 炎柱 煉獄杏寿郎
    上弦の参「猗窩座」を1人で瀕死に追い込んだ
  • 霞柱 時透無一郎
    上弦の伍「玉壺」を1人で倒した
  • 恋柱 甘露寺蜜璃
    上弦の肆「半天狗」を1人で長時間抑え込んだ

これに対して、宇髄天元は上弦の鬼でもランクが一番低い上弦の陸に苦戦。しかも、炭治郎・善逸・伊之助の3人がいたからこそ勝てた戦いでした。

また、宇髄天元は岩柱・悲鳴嶼行冥に対して「得体の知れねぇ奴」と、霞柱・時透無一郎に対して「刀を握って二月で柱になるような奴」と発言をしています。

このような描写の違いと発言があれば、「宇髄天元は弱い」と思ってしまうのも仕方がないでしょう。

宇髄天元は自分の弱さを自覚している

出典:Ⓒ吾峠呼世晴/鬼滅の刃

多くの鬼滅ファンから、「宇髄天元は弱い」と言われています。そんな宇髄天元本人は、自分の弱さを自覚しているようなセリフを発言していました。

それは、上弦の陸「妓夫太郎」との戦闘時。
妓夫太郎は、宇髄天元に妬みを含んで「生まれたときから優れてたんだなぁ」と言いました。これに対して、宇髄天元はこのようなセリフを吐いたのです。

「俺程度でそう見えるならテメェの人生幸せだな」

これは、宇髄天元が自分に実力がないことを自覚している、または自分の実力を過信していない証拠でしょう。

自分の弱さを知っているからこそ、宇髄天元に合った戦い方を編み出せたのですね。

宇髄天元の弱い発言が鬼滅ファンの好感度を爆上げ

自分の弱さを自覚しているようなセリフを吐いた宇髄天元は、鬼滅ファンの好感度を爆上げしました。

ちなみに、僕もド派手な性格で自信家の宇髄天元がこの発言をしたときは、驚きを隠せませんでした。このギャップで、最推しが音柱になりました。

宇髄天元の強さ|実はかなり強い?

出典:Ⓒ吾峠呼世晴/鬼滅の刃

宇髄天元は弱いという風潮がありますが、柱として活躍しているだけあって、強いところもたくさんあります。

突き詰めていくと、宇髄天元の弱さを払拭したり、「宇髄天元は実はかなり強いのでは?」と思えるような強みを持っていたりしていました。

上弦の「堕姫(だき)」の首を簡単に切っている

上弦の陸は妓夫太郎と堕姫の兄弟2人で、2人の首を斬らないと死なない珍しい鬼です。実力的には堕姫の方が下で、炭次郎たちと互角レベルの強さを持ち合わせています。

加えて、今までに7人の柱を葬っている実績もあることから、堕姫は上弦を名乗れるほどの強さはあると言っていいでしょう。

そんな堕姫の首を、宇髄天元はいとも簡単に切っています。

もし本当に弱ければ、堕姫の首を切るときも一苦労あったはず。それを「弱すぎ」と言って首を切れる宇髄天元は、弱いはずがありません。

また、妓夫太郎も宇髄天元を見て「今まで殺した柱たちと違う」と言っていることから、少なくとも今までの柱より強いことが分かるでしょう。

「譜面」で勝利の方程式を作れる

出典:Ⓒ吾峠呼世晴/鬼滅の刃

宇髄天元は、独自の技「譜面」で勝利の方程式を作ることができます。

譜面は、相手の行動動作を音で感知して、攻撃の癖や死角が分かるようになる技です。分析に時間がかかるものの、完成さえすれば非常に強力な武器となります。

攻撃の癖や死角が分かるということは、「相手の攻撃を避けたり自身の攻撃を当てたりできる」ということの裏返しです。

こんなチートのような技を持っている宇髄天元を弱い、ましてや最弱というのは、言い過ぎではないでしょうか。

柱最速のスピード&上位クラスの腕力

「鬼滅の刃 公式ファンブック2巻」にて、宇髄天元のスピードが柱の中でも最速であることが判明しました。

また、「鬼滅の刃 11巻」に記載されていた柱の腕相撲ランキングでは、宇髄天元が2位にランクインしています。

柱最速のスピードと上位レベルの腕力を持っている宇髄天元が、そこまで弱いとは思えません。

素早いスピードで相手を翻弄して高い腕力で攻撃しつつ、譜面の完成を進めていけば、ほとんどの敵を倒すことができるはずです。

少なくとも、柱最弱ではないと個人的に思います。

毒の耐性をもっている

忍の一族として育った宇髄天元は、毒の耐性をもっています。

妓夫太郎の技や血鬼術には猛毒が仕込まれていましたが、毒の耐性をもっていた宇髄天元には効果が半減。動きが鈍くなったものの、確実に毒を抑えられていました。

毒の耐性をもっていることは、宇髄天元の強さと言ってもいいでしょう。

もし毒の耐性を持っていない柱が妓夫太郎と戦った場合、より苦戦を強いられていたと考えられます。「宇髄天元だから勝てた」といっても不思議ではありません。

他の柱と比べたときの強さは?

出典:あにこ便

好みの戦闘スタイルやフィジカル面がバラバラのため、宇髄天元と他の柱を強さで比較することは非常に難しいです。

とはいえ、少なくとも以下の5人の柱と比べると、宇髄天元は総合的な強さで劣っていると考えれられます。

理由
炎柱 煉獄杏寿郎 妓夫太郎より強い上弦の参「猗窩座」とほぼ互角で、しかも1人で相手をしていたため。
霞柱 時透無一郎 上弦の伍「玉壺」を1人で倒したため。宇髄天元も時透無一郎の強さ・凄さを認めている。
岩柱 悲鳴嶼行冥 柱内でも最強と言われているため。また、時透無一郎の腕を簡単に切った上弦の壱「黒死牟」と戦えていたため。
風柱 不死川実弥 上弦の壱「黒死牟」と戦っている悲鳴嶼行冥のサポートができていたため。
蛇柱 伊黒小芭内 宇髄天元を「お前程度」と格下扱いしていて、宇髄天元本人もそれを否定していないため。

冨岡義勇・胡蝶しのぶ・甘露寺蜜璃の3人は、宇髄天元より強いとは言い切れません。

胡蝶しのぶは上弦の弐「童磨」を倒し、甘露寺蜜璃は上弦の肆「半天狗」と長時間戦えていました。しかし、宇髄天元も同様に戦えていたかもしれません。

冨岡義勇に至っては、宇髄天元の方が強いまであります。

総合的には、宇髄天元の強さは柱内でも中堅レベルだと判断できるため、最弱ではないでしょう。

まとめ

今回は、宇髄天元が弱いと言われてる理由や他の柱と比較したときの強さなどについて紹介しました。

宇髄天元が弱いと言われている理由を、ここでおさらいしましょう。

  • 上弦の陸に苦戦していたから
  • 蛇柱「伊黒小芭内」に弱いと言われたから
  • 他の柱たちの強すぎる描写があるから

確かに、宇髄天元は上弦の陸に苦戦していたこともあり、他の柱より弱いと言われるのも仕方がないでしょう。

しかし、他の柱にはない強さもあり、宇髄天元にしかない技術を持っています。

そのため、「柱内で最弱」というのは間違っていると思います。そもそも、戦闘スタイルが違うため、柱内で強さランキングを作るのは非常に難しいです。

宇髄天元は柱内でも弱い部類には入るかもしれませんが、総合的に見ても最弱ではないと考えられます。

タイトルとURLをコピーしました