意外と見落としがち!賃貸の内見で確認すべき9つのポイントとは?

意外と見落としがち!賃貸の内見で確認すべき9つのポイントとは? コラム
スポンサーリンク

1人暮らし初心者さん「初めて賃貸の内見に行くんだけど、何を確認すればいいんだろう。」

どうも、ゆりかご(@yurikago_1205)です。

今回は、こんな疑問に答えていきます。

✔ 本記事の内容

  • 賃貸の内見の必要性
  • 賃貸の内見で確認すべきポイント
  • 賃貸の内見で最低限必要な持ち物

本記事を参考にすれば、1人暮らし初心者さんでも住みやすい賃貸を選ぶことができますよ。

賃貸の内見は絶対に必要です

間取りの広い部屋

「賃貸の内見はいらない」と思っている人が多いですが、賃貸の内見は絶対に必要です。

賃貸の内見が絶対に必要な理由は、主にこの3つが挙げられます。

✔ 賃貸の内見が絶対に必要な理由

  • 部屋の間取りがあなたに適しているか確認するため
  • ドアやコンロなどに不備がないか確認するため
  • 部屋に元々ある傷や汚れをきちんと確認するため

要するに、「あなたの生活拠点になるかもしれないから、細かいところまでチェックしよう」ってこと。

賃貸の内見で確認すべきポイントは全部で10つ

ノートにチェックを入れている

  1. 部屋全体の間取り
  2. 部屋のニオイ
  3. ドアや窓の大きさ
  4. 収納スペースの数と大きさ
  5. スマホの電波
  6. 防音性能
  7. コンセントの位置と数
  8. 周囲の環境
  9. ゴミ捨て場の場所

賃貸の内見において、確認すべきことは主に上記の9つあります。

では、1つずつ見ていきましょう。

部屋全体の間取り

  • 広すぎない大きさか
  • 家具の配置がしやすい間取りか
  • デッドスペースが少ないか

部屋の間取りは誰しもが確認すると思いますが、ここでしてほしい確認は、主にこの3つ。

広すぎたりデッドスペースが多すぎると、とても住みにくい部屋になってしまいます。

部屋をパッと見て、だいたいの家具配置が想像できればOKです。

部屋のニオイ

賃貸の内見では、部屋のニオイもしっかり確認しておきましょう。

下水道やたばこなど、ルームクリーニングでも取れないニオイがあった場合は要注意です。

また、周辺の飲食店のニオイも気になる場合は、その店の営業時間も確認するようにしましょう。

ドアや窓の大きさ

あまり気にしない人が多いですが、ドアや窓の大きさは必ず確認するようにしましょう。

なぜなら、物を搬入するときに「ドアや窓が小さすぎて搬入できない」なんてことが起こる可能性があるからです。

築浅の物件に関してはあまり気にしなくても大丈夫ですが、少しでも不安を感じるなら、あらかじめドアや窓の大きさを測っておきましょう。

収納スペースの数と大きさ

収納スペースの数と大きさも、賃貸の内見では必ず確認するようにしましょう。

特に確認しておきたいことは、主にこの3つ。

✔ 収納スペースにおいて確認しておきたいこと

  • 収納スペースにコートが収まるか
  • 背が届かない収納スペースがあるか
  • その収納スペースは使いやすいか

正直、この3つさえ確認しておけばOKです。

また、収納スペースは広ければ広いほどいいので、できるだけ広い収納スペースを見つけましょう。

スマホの電波

スマホの電波確認も意識してするようにしましょう。

自宅でネットが使えない環境では、今の時代とても不便です。

部屋のあらゆる場所で電波を確認していきましょう。

防音性能

「音がうるさくて眠れない」なんてことがあるので、防音性能も確認するようにしましょう。

おすすめの確認方法は、隣の部屋で実際に声を出してみて声が聞こえるか確認する方法です。

隣に人がいた場合は、耳に壁を当てたり耳を澄ませたりして確認するようにしましょう。

話している内容がうっすら分かるような部屋は要注意ですよ。

コンセントの位置と数

テレビや家電をよく使う人は、コンセントの位置と数を確認しましょう。

コンセントの位置によって、部屋のレイアウトがほぼ決まるといっても過言ではありません。

また、コンセントの数が少なすぎると、使える家電が限られてきます。

個人的には、対角線上に2口ずつコンセントがあれば最高です。

周囲の環境

賃貸の内見では、ただ部屋だけをみればいいというものではありません。

周囲の環境も確認しておくことが大事です。

ちなみに、周囲の環境で絶対に確認しておきたいことは、主にこの3つ。

✔ 周囲の環境で絶対に確認しておきたいこと

  • コンビニやスーパーが近いか
  • 最寄り駅などの交通面は便利か
  • 地域の治安が良いか

周囲の環境は住んでも変わらないので、女性は特に確認するようにしましょう。

ゴミ捨て場の場所

ゴミ捨て場の場所も確認していた方がいいです。

ゴミ捨て場が遠ければ、ゴミ捨てが面倒になり、ゴミを溜める癖が付いてしまいます。

ちなみに、部屋のすぐそばにゴミ捨て場があれば最高です。

ただ、近くにあるゴミ捨て場が整備されていないようであれば、管理ができていない証拠なのであまりおすすめはできません。

賃貸の内見のまとめ

間取りの広いリビング

賃貸の内見の時は、9つのポイントをしっかり意識して確認するようにしましょう。

そこに、あなたが「これだけは譲れない!」という条件を組み合わせれば、内見から契約までスムーズにいきますよ。

この記事を参考にして、少しでもあなたの役に立てればと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました