【大学生必見】腕時計苦手な人でも克服できる方法とおすすめ時計3選

腕時計を手に持っている

「腕時計の手首を締め付けられている感覚が苦手だなぁ。でも、付けてみたいし、どうにかして苦手克服できないかなぁ。」

今回は、こんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 腕時計の苦手意識を克服する方法
  • 大学生におすすめの時計

この記事の内容を実行すれば、腕時計に対する苦手意識は薄れていきます。

目次

腕時計苦手な大学生でも克服できる方法

時計を着けている
  • 毎日腕時計を付ける意識を持つ
  • 革ベルトの腕時計を付ける
  • 好きなデザインの腕時計を付ける
  • 1万円以上の腕時計を選ぶ

腕時計の苦手意識を克服するには、上記のことを意識しましょう。

毎日腕時計を着ける意識を持つ

毎日腕時計を着けることで、腕時計に対する苦手意識が徐々に薄れていきます。

この方法は、いわば腕時計が苦手という”気持ち”を克服する方法。「腕時計が苦手」から「腕時計を着けることが当たり前」という意識に変わっていきます。

腕時計の苦手意識を克服するには、時計を毎日着ける意識をしていくことが大事です

まずは、日常生活で腕時計を毎日着けるところから始めてみましょう。

革ベルトの腕時計を付ける

腕時計のベルトは大きく分けて「メタル製」「革製」の2種類があり、その中でも革ベルトの腕時計の着用をおすすめします。

革ベルトの腕時計がおすすめなのは、以下の理由があるためです。

  • 革が伸びて自分の腕に馴染むため
  • 馴染むと締め付け感がなくなるため
  • ファッションの邪魔をしないため

メタル製の腕時計は形が変わらず、腕周りの大きさに馴染ません。

何度付けても腕を締め付ける感覚が取れないため、苦手意識は克服するのは難しいです。

腕時計の苦手意識の克服に貢献するには、「革製」の腕時計を着用するようにしましょう。

好きなデザインの時計を着ける

腕時計の苦手意識を克服するためには、自分好みの腕時計を着用することも大切です。

自分好みの腕時計を着用することで、愛着が湧いて身につける際の抵抗力が少なくなります。

さらに、時間が経てば、愛着が湧いて自然と毎日腕時計をつけたくなるでしょう。

微妙なデザインの腕時計を毎日つけたいと思う人は、そうそういません。

腕時計を毎日つける習慣をつけやすくするためにも、自分好みの腕時計を選びましょう。

1万円以上の時計を選ぶ

腕時計を選ぶときは、苦手克服のためにも1万円以上の腕時計を買うようにしましょう。

1万円以上の腕時計は、安物に比べてベルト部分がしっかりしており、手首を締め付けるような違和感が少なめです。

また、お金をかけた方腕時計の苦手意識を克服しようとする意識が強くなります。いわば精神論です。

安い腕時計だと、かえって苦手意識をつけてしまう原因になりかねません。苦手意識を克服するためにも、最低でも1万円以上の時計を買うようにしましょう。

腕時計が苦手な人でも克服できるおすすめ時計3選

腕時計を着けている
  • Daniel Wellington(ダニエル ウェリントン)
  • Nordgreen(ノードグリーン)
  • LAGOM WATCHES(ラーゴムウォッチ)

腕時計の苦手意識の克服に貢献するおすすめの時計は、主に上記の3つです。

Daniel Wellington(ダニエル ウェリントン)

Daniel Wellingtonは、大学生御用達の腕時計です。

着用すればするほどどんどん馴染んでくる革ベルトで、腕時計の苦手克服に適しています。

シンプルなデザインでどのコーデにも合わせやすく、ベルトを交換すれば違った雰囲気の腕時計として楽しめます。

なにより、価格が2万円程度と高コスパなところが魅力的です。

どの腕時計がいいか迷った場合は、Daniel Wellingtonを選べば間違いありません。

Nordgreen(ノードグリーン)

Nordgreenは、シンプルさに魅力がある腕時計です。

着け心地が非常によく、腕時計の苦手意識を克服するにはうってつけ。料金も2万円程度で、手に取りやすいところも嬉しいポイントです。

ブランド名の主張が抑え気味なシンプルデザインで、シンプルコーデが好きな人に刺さるでしょう。

普段使いからビジネスシーンまで使える、万能な腕時計です。

LAGOM WATCHES(ラーゴムウォッチ)

LAGOM WATCHESは、高級感のある北欧系の腕時計です。

「カッコいい×大人らしさ」を演出した男性的なデザインで、大人コーデやスーツ姿にマッチします。

腕時計好きしか知らない海外製の腕時計で、他人と被りにくいところもLAGOM WATCHESの特徴です。

価格は同じく2万円程度とリーズナブル。
プライベートやビジネスシーンなど、様々な場面で使えます。

男性的なカッコいいデザインの腕時計で苦手意識を克服したい人におすすめです。

ポイントを押さえて腕時計の苦手意識を克服しよう

今回は、腕時計の苦手意識を克服する方法を紹介しました。

腕時計の苦手意識を克服したい人は、以下のポイントを押さえましょう。

  • 毎日腕時計を付ける意識を持つ
  • 革ベルトの腕時計を付ける
  • 好きなデザインの腕時計を付ける
  • 1万円以上の腕時計を選ぶ

社会人になると、腕時計の着用は必須レベルとなります。

本記事を参考にして、早い内に腕時計の苦手意識を克服しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる