Webライターはブログをやるべき!【理由とメリットを紹介します】

Webライターはブログをやるべき!【理由とメリットを紹介します】

「個人ブログってWebライターに必要なの?ブログをするメリットとデメリットを知りたい!」

本記事では、こんな内容を紹介しています。

本記事の内容

  • Webライターがブログをやるべき理由
  • Webライターがブログをするメリット
  • Webライターがブログをするデメリット

ブログをするか迷っている初心者Webライターは、ぜひ参考にしてみてください。

目次

「Webライターはブログをやるべき」って本当?

「Webライターはブログをやるべき」って本当?

「Webライターはブログをやるべき」は本当です。
むしろ、やらない理由がありません。

迷わず、Webライターはブログを開設しましょう。

Webライターがブログをやるべき理由

Webライターがブログをやるべき理由は、Webライターとブログの相性が最高だから。

ブログですることは、Webライターの仕事と基本同じです。
違うのは細かな設定くらい。

なので、「ブログで学んだことを活かす⇔仕事で学んだことを活かす」という好循環が生まれます。

この好循環をうまく活用すえば、どんどんランクの高いWebライターとして活躍できるようになりますよ。

Webライターの多くは個人ブログを持っている

Webライターの多くは、個人ブログを持っています。
もちろん、初心者Webライターも含みます。

業界でも名を挙げているような超有名Webライターさんもブログ運営をしています。

超有名Webライターも目を付けるくらい、ブログをするメリットがあるのです。

Webライターがブログをするメリット

Webライターがブログをするメリット
  • 実績になる
  • 自由に執筆できる
  • ライティング力を磨ける
  • ブログ経由で依頼が来る
  • 副収入になる

Webライターがブログをするメリットは、主に上記の5つ。

では、順に説明していきます。

【メリット①】実績になる

ブログで書いた記事は、そのままWebライターとしての実績になります。

実績があれば、当然仕事も受注しやすくなります。
クライアントは実績のあるWebライターさんを雇いたいので。

実績のない初心者Webライターには、かなり嬉しいメリットでしょう。

実際に僕もブログを実績として使っています。
おかげさまで、結構仕事をいただけました。

【メリット②】自由に執筆できる

個人ブログは、ルールに縛られず好きなように執筆できます。

Webライターの仕事は下記のような様々なルールの中で執筆する必要があり、自分の思うままに執筆できる環境ではありません。

  • トンマナ
  • 見出しの数
  • 画像の挿入数
  • ジャンルの選定

ルールがほとんどない案件も一応ありますが、基本的にないです。

ルールに縛られながら記事を執筆すると、書きたいことが書けず、結構ストレスがたまります。

ストレスなく好きなジャンルを執筆できるのは、Webライターにとってメリットでしかありません。

【メリット③】ライティング力を磨ける

Webライターにとって、ライティング力は生命線。
仕事をする上で必要不可欠のスキルです。

そんなライティング力を、ブログであればガンガン磨けます。
なぜなら、ブログだとスキルを自由に練習できるから。

もちろん、仕事でもスキルは磨けます。
ただ、特定のスキルを磨くのはかなり難しいです。

ブログは、特定のライティング力を磨ける最強の場所だと言えるでしょう。

【メリット④】ブログ経由で依頼が来る

ブログが育ってくれば、ブログ経由で依頼が来ることもあります。

ブログ経由で仕事をもらうメリットは、以下の通りです。

  • 営業に割く時間がなくなる
  • 報酬が1文字5円くらいと高単価
  • ほぼルールがなく自由に執筆できる

実際に、ブログ経由で仕事をもらっているWebライターさんはたくさんいます。

ちなみに、僕もその1人です。

ブログ経由で稼げるWebライターになれるのは、大きなメリットだと言えるでしょう。

【メリット⑤】収益化できる

個人ブログを広告塔にすれば、誰でも収益化できます。
「アドセンス」とか「アフィリエイト」とかを耳にすると思いますが、それのことです。

労働時間以外でもお金がもらえるのは、誰でも嬉しいメリットでしょう。

ただ、ブログの収益化は正直かなり難しいです。
運営しているだけでは、とうてい収益化できません。

ブログを収益化するには、少しコツが必要になります。

Webライターがブログをするデメリット

Webライターがブログをするデメリット
  • Webライター業との並行がハード
  • コストがかかる

Webライターがブログをするデメリットは、主に上記の2つあります。

【デメリット①】Webライター業との並行がハード

正直、Webライターの仕事をしながらブログを更新するのは結構ハードです。

なぜなら、基本的にブログを更新するのはプライベートの時間になるから。要するに、「単純に作業量が増える」ということですね。

休める時間が少なくなり、精神的なストレスが溜まります。

「プライベートは趣味に没頭したい!」という人は、よりデメリットに感じるでしょう。

とはいえ、ブログは好きな時間にできるのがブログのメリットなので、やりたいときにブログを更新していけばOKです。

【デメリット②】コストがかかる

ブログ運営は、単純にコストがかかります。

ブログ運営で必要な初期費用は、以下の通りです。

  • ドメイン費:約1,000円
  • サーバー費:約3,000円
  • 更新費:年間約1万円

コストを少しでも抑えたい人には、デメリットと感じるでしょう。

ただ、費用を支払ってでもブログを運営する価値は大いにあります。将来性もあるので、投資としてコストを支払いましょう。

まずはブログを始めてみることが大事

まずはブログを始めてみることが大事

Webライターがブログをする目的は、あくまでも実績作りやスキルの向上です。

本気で取り組んでWebライターとしての仕事をおろそかにしてしまえば、それはもう本末転倒でしょう。

なので、「とりあえずブログしてみようかな」くらいの軽い気持ちで始めてもOK。後から本気で取り組んでも大丈夫なので、まずはブログを始めてみましょう。

ブロガーを目指すなら、本気で取り組みましょう。

おすすめは「WordPress」

Webライターがブログを始めるなら、以下の理由でWordPress一択です。

  • 仕事をもらいやすくなる
  • 仕事で利用する機会が多い
  • 単価アップに繋がる

企業が利用しているのも基本的にWordPressなので、操作性を覚えるうえでもWordPressの利用をおすすめします。

「はてなブログ」はライティング目的で

ブログの開設は、WordPressだけでなく「はてなブログ」でもできます。

無料で利用できるので、ライティング力を鍛える面ではかなり優秀です。他に目的がなければ、はてなブログを利用してもいいでしょう。

ただ、Webライターに対するメリットは薄いです。
なので、Webライターには正直あまりおすすめしません。

「Webライターになるか迷っている、ブログを開設する勇気が持てない」という人は、はてなブログを使うのも1つの手ですよ。

まとめ

まとめ

今回は、Webライターがブログをやるべき理由やメリットを紹介しました。

本記事で紹介したブログをやるメリットは、下記の5つでしたね。

  • 実績になる
  • スキルを磨ける
  • 好きなジャンルを書ける
  • ブログ経由で依頼が来る
  • 副収入になる

まだブログを開設していない初心者Webライターは、すぐに行動することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる