Webライターは稼げない?【真実と稼げない人の特徴を紹介】

Webライターは稼げない?【真実と稼げない人の特徴を紹介】 ライティング
スポンサーリンク

会社員「Webライターは稼げないって聞いたんだけど、実際どうなの?稼げる職業なの?」

どうも、フリーランスwebライターのゆりかご(@yuri_20204)です。

本記事では、こんな内容を紹介しています。

☑ 本記事の内容

  • Webライターは稼げない?
  • 稼げないWebライターの特徴
  • 稼げないWebライターを卒業するコツ

Webライターは稼げる職業かどうか知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

「Webライターは稼げない」は嘘

「Webライターは稼げない」は嘘

結論から言うと、Webライターは稼げる職業です。
稼げない人は、やり方を間違っているだけ。

正しいやり方さえ理解できれば、未経験でも2~3ヶ月で5万円ほど稼げるようになります。
詳しい手順はこちらの記事で紹介しています。

未経験から稼げるWebライターになるまでの流れ【再現性は高いです】
本記事では、未経験から稼げるWebライターになるまでの流れを紹介。稼げるWebライターになりたい人は必見です。かなり再現性の高い情報を紹介してるので、ぜひ参考にしてみてください。

Webライターはやる気がなければ稼げない

  • 継続力がない
  • 行動力がない
  • 学習意欲がない

Webライターで稼げない人は、上記のようなやる気がない場合がほとんど。

やる気がなければ、当然仕事に対する意欲も出てきません。
そして、稼げないままWebライターを辞めていくのです。

「Webライターは稼げない」と言われている理由の大半は、これが原因になっています。

お金をもらう以上、初心者であろうともプロのWebライターです。
クライアントの目的を汲み取って、意欲的に働きましょう。

逆に言えば、「やる気があれば稼げるWebライターになれる」ということ。
(この記事を見ている人はやる気があると思うので、気にしなくてOKです。)

Webライターの単価が安くて稼げないのも事実

とはいえ、Webライターの単価が安くて稼げないのも事実。
初心者Webライターが最初にできる仕事の文字単価は、せいぜい1文字0.5円ほどです。
1,000文字書いても500円しかもらえないは、正直割に合わないでしょう。

ただ、それは最初だけです。
実績さえ積んでいけば、文字単価2円ほどの案件も受注できるようになります。

実際に、僕も最初は文字単価0.5円の仕事からスタートしました。
今は、コツコツ文字単価を上げて1.5円の仕事を受けています。

文字単価が安いのは最初の数ヶ月までなので、諦めず行動することが大事です。

稼げないWebライターの特徴

稼げないWebライターの特徴

  • 当たり前ができていない
  • 基礎知識がない
  • マニュアルを読まない

稼げないWebライターの特徴は、主に上記の3つ。

稼げるWebライターになるには、これらの逆の行動をすればOK。
難しいことは1つもありませんよ。

では、順に深掘りしていきます。

【稼げない特徴①】当たり前ができていない

  • 「報・連・相」を徹底する
  • 納期までに記事を納品する
  • 仕事を最後までやりきる

上記の内容は、社会人として当たり前のルールです。
それすらできない人は、絶対にWebライターで稼げません。

Webライター以外だけでなく、どの職業でも厳しいでしょう。

少しでも心当たりがある場合は、意識して治しましょう。

【稼げない特徴②】基礎知識がない

基礎知識がないWebライターは、どれだけ頑張っても稼げません。
なので、Webライターとして働く前に基礎知識を身に付ける必要があります。

Webライターが身に付けておくべき必要最低限の基礎知識は、以下の3つです。

 Webライターに必要な基礎知識

  • 文章力
  • SEO
  • WordPressの操作

どれも必須の基礎知識なので、絶対に抑えておきましょう。

文章力とSEOに関しては、本やネットで学べます。
おすすめの本はこちらで紹介しています。

初心者Webライターに読んでほしいおすすめ本【この4冊でOK】
本記事では、初心者Webライターに読んでほしいおすすめ本を4冊紹介。どれも分かりやすくて有益な情報ばかり載っている本です。Webライティングの基礎知識を学んで成長したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

WordPressに関しては、実際に操作して学んだ方が早いです。
登録方法は、こちらで紹介しています。

 

どれもお金がかかりますが、多くても合計で1万円ほど。
初期投資として考えれば安い方です。ケチらず使いましょう。

【稼げない特徴③】マニュアルを読まない

マニュアルは、クライアントが定めたルールそのもの。
ルールを破ってしまうと、信頼関係がなくなって継続で仕事がもらえなくなります。

その結果、稼げないWebライターになってしまうのです。

マニュアルを読み込むのは正直面倒くさいですが、我慢しましょう。

Webライターはスキルよりも信頼関係の方が大事です。
マニュアルがある仕事は、しっかり読み込みましょう。

稼げないWebライターを卒業するコツは「慣れ」

稼げないWebライターを卒業するコツは「慣れ」

稼げないWebライターを卒業するコツは「慣れ」です。

  • 基礎知識を使う「慣れ」
  • 文章構成を練る「慣れ」
  • 執筆スピードの「慣れ」
  • 営業するときの「慣れ」

Webライターは、上記のような様々なことに慣れる必要があります。

しかし、1度慣れてしまえばこっちのものです。
稼げるWebライターとして駆け足で成長できます。

慣れるまでが結構キツいですが、諦めずに取り組んで稼げるWebライターを目指しましょう。

「文字単価1円ライター」になることが最初の目標

初心者Webライターが目指すべき最初の目標は、「文字単価1円ライター」になること。
文字単価1円ライターになれば、正社員レベルの収入を得られるようになります。

「文字単価1円ライター」になるまでの手順は以下の通りです。

 「文字単価1円ライター」になるまでの手順

  1. タスク案件で実績を作る
  2. 0.5円くらいの案件を受ける
  3. 1円の案件に応募する

詳しい内容は、こちらからどうぞ。

 

まずはWebライターになってみよう

Webライターになるか悩んでる人は、ひとまずWebライターになってみましょう。

Webライターは、なるための資格は何もいりません。
なるだけなら誰でも無料なので、まずは挑戦することが大事です。

ただ、Webライターになる方法は様々。
あなたに合ったなり方を模索しましょう。

Webライターのなり方はこちらの記事で紹介しています。

未経験がWebライターになる方法【仕事内容や手順を紹介】
本記事では、未経験がWebライターになる方法を紹介。未経験でもWebライターになりたい人は必見ですフリーランスになるまでの手順も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

まとめ

今回は、稼げないWebライターの特徴を紹介しました。

本記事で紹介した内容をまとめると、以下のようになります。

  • 「Webライターは稼げない」は嘘
  • やる気がなければ稼げない
  • 稼げないWebライター特徴は主に3つ
  • 仕事に慣れれば稼げるWebライターになれる

稼げないWebライターの特徴を理解して、稼げるWebライターとして活躍してみましょう。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました