未経験でもフリーランスになれる?なるための手順やおすすめ職業を紹介

男性が在宅ワークをしている フリーランス
スポンサーリンク
「未経験でフリーランスになりたいけど、実際なれるの?どんな職業がおすすめなの?」

どうも、フリーランスwebライターのゆりかご(@yuri_20204)です!

今回は、こんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • フリーランスは未経験でもなれる?
  • 未経験・スキルなしでフリーランスになる手順
  • 未経験でもできるおすすめ職業

未経験だけどフリーランスに挑戦したいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

フリーランスとは?未経験・スキルなしでもなれる?

女性が在宅ワークをしている

フリーランスとは、会社に属さずに働く労働形態のこと。個人事業主とは違って開業届を提出せずに仕事ができますが、基本的な働き方は同じです。

在宅で、しかも自分の好きなタイミングで働けることから、近年では多くの人がフリーランスに挑戦しています。

そんなフリーランス、実は未経験・スキルなしでもなれます。しかし、稼げるようになるまでがかなりツラく、そう簡単ではありません。

実際、未経験からフリーランスになって僕は後悔しましたし…笑

ただ、フリーランスになろうと挑戦して失敗したとしても、そこから転職などで十分挽回できます。

「フリーランスに挑戦したい!」という意欲がフリーランスで成功する1番必要な要素でもあるため、その気持ちを大切にしましょう。

未経験・スキルなしでフリーランスになるのが難しい理由

たくさんの人が疑問を感じている

  • 即戦力が求められていることが多いから
  • 未経験だと案件の獲得が難しいから

未経験・スキルなしでフリーランスになるのが難しい理由は、主に上記の3つです。

では、順に見ていきましょう。

即戦力が求められていることが多いから

多くのクライアントが案件を応募していますが、そのほとんどが「即戦力級の人材」を求めています。

クライアントがフリーランスに頼る理由は、事業を成功させたいからです。一般的な会社のように、正社員を育成したいわけではありません。

そのため、未経験やスキルなしの状態だと、クライアントから相手にされない可能性があるのです。

もちろん未経験を歓迎している案件もありますが、十中八九単価が安く、満足した生活資金すら確保できないでしょう。

即戦力を求めて以上、未経験やスキルなしの状態で戦うのは悪手。そんな状態では、フリーランスになるのが難しいのも当然です。

未経験だと案件の獲得が難しいから

そもそも、フリーランスとして働いている人はたくさんいます。

クライアント側からすれば、未経験よりも実績やスキルを持っている人材を選びたいはずです。

そのため、未経験・スキルなしでフリーランスの世界に挑んだとしても、ほぼ勝ち目はありません。

スキルや経験よりもジャンルに詳しい人材を求めているケースもありますが、比率的には実績を重視するクライアントの方が多いです。

未経験やスキルなしだと案件を獲得すること自体かなり難しく、生活費の確保すらままなりません。

案件を安定して獲得するためにも、経験やスキルは必要なのです。

未経験・スキルなしでフリーランスになる手順

男性がステップアップしている

未経験・スキルなしでフリーランスになるのはもちろん難しいですが、不可能ではありません。

準備さえ怠らなければ、フリーランスとして成功して、自由な生活ができるレベルにはなれるはずです。

ここでは、その具体的な手順を紹介していきます。

① 職業の知識・スキルを身に付ける

職業の知識やスキルがない状態でフリーランスになるのは、レベル1の状態で魔王の城に挑むくらい無謀です。

そのため、まずは職業に関する知識やスキルを身につけましょう。職業に関する知識やスキルを身につける方法は、以下の通りです。

  • 参考書:内容の濃い知識やスキルを得られる
  • ネット:手軽に知識やスキルを得られるが内容は薄め
  • スクール:金はかかるものの実戦形式で身に付く

大学生の場合は勉強時間がたくさんありますが、正社員が使える時間は少ないです。スキマ時間や土日を活用するなどして、意識的に勉強時間を確保する必要があります。

職業によって必要な勉強時間が異なるので、スケジュールを組みながら余裕を持って勉強に取り掛かりましょう。

② 実績を作る

参考書やネットを使ってある程度の知識やスキルを身に付けたら、次は副業で実績を作りましょう。

副業で実績を作ることで、フリーランスになった後でもしっかり案件を獲得できて順風満帆なフリーランス生活を楽しめる可能性が高くなります。

また、安心感があったり万が一失敗したときにもスムーズな転職活動ができたりと、様々なメリットがあります。

実績を作る方法は、「自作する・スクールを活用する」の2つです。

自作する

実績を作るうえで1番お手軽なのが、この方法です。

自作なので好きなものを作れますし、なにより未経験・スキルなしにとってすぐに製作に取り掛かれるのは大きなメリットとなります。

僕の場合だと、Wordで書いた内容はもちろん、この記事も実績となります。

ただ、自作した製作物はそのまま自分のレベルを表しています。

内容によっては実績として活用できない可能性があるので、「実績のために製作物さえできればOK」という適当な考え方で製作しないように注意しましょう。

スクールを活用する

手っ取り早く実績を作りたい場合は、スクールを活用しましょう。

職業によっては多額のお金を支払う必要がありますが、その分知識やスキルを身に付けつつ製作物を実績として紹介できるメリットがあります。

実績として十分に活用できるレベルの製作物を作りたい場合は、スクールの活用をおすすめします。

③ 実際に副業で仕事をする

先ほど作成した実績を使って、実際に副業で仕事をしてみましょう。

副業から始めるのは、いきなりフリーランスになると失敗する危険があります。「副業から始めて毎月5万円~10万円程度稼げるようになったあとでフリーランスになる」という流れが低リスクで理想的です。

また、仕事を取る方法はクラウドソーシングの利用をおすすめします。

クラウドソーシングは、クライアントが不特定多数の人に案件を仕事を発注しているサービス。副業やフリーランスとして働いている人のほとんどが活用しています。

僕も、クラウドソーシングにはかなりお世話になりました!

その中でもよく利用されているのが、「クラウドワークス」と「ランサーズ」の2サービス。

どちらも無料で登録できるので、抵抗なく利用できるでしょう。

〈MEMO〉

仕事を獲得するには、プロフィール設定と提案内容の質を上げることが重要です。以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ランサーズ用ですが、クラウドワークスでも活用できます。

【テンプレートあり】ランサーズのプロフィールはこうやって書け!
ランサーズのプロフィールってどう書けばいいか分からないですよね。本記事では、ランサーズのプロフィールの書き方やおすすめの流れを紹介しています。テンプレートも用意しているので、プロフィール作りに困っている人はぜひ参考にしてみてください。
【ランサーズで受かる提案文】書き方のポイントはたったの3つだけ
webライター初心者「ランサーズでプロジェクト案件で提出する提案文の書き方が分からない。受かりやすい書き方とか教えてほしい!」 どうも、フリーランスwebライターのゆりかご(@yuri_20204)です...

未経験でもできるフリーランスにおすすめの職業

男性が在宅ワークをしている

  • Webライター
  • 動画編集者
  • プログラマー

未経験でもできるフリーランスにおすすめの職業は、主に上記の3つです。

Webライター

Webライターは、ネット上の記事やメルマガの内容を書く、いわば「文字を書くこと」を仕事としている職業です。

必要なスキルがあまりないことや初期費用も1万円程度と安いことから、フリーランスとして人気の高い職業となっています。

1週間勉強すれば知識をある程度身につけられますし、参考書やネット情報だけでも十分なのでコスパも最強です。

ただし、平均年収は約300万円と比較的低めなのがネック。

その代わり、WebライターからWebディレクターになったりWebコンサルタントになったりと、高収入を期待できるようなキャリアプランが広がっています。

始めやすく仮に辞めたときのリスクが低く済ましたい人は、Webライターがおすすめです。

動画編集者

動画内容をカットしたり映えるようにしたりするのが、動画編集者の仕事です。

比較的始めやすく、平均年収が約400万円と高めなのが特徴的。うまくいけば、人気Youtuberや有名企業の動画を編集できるようにもなるでしょう。

自分で撮った動画を編集すれば、Youtuberとしての活動と実績作りができるメリットもあります。

勉強時間がある程度必要なのはネックですが、動画サービスが増えたことによって需要が増え、絶賛人気高騰中の職業となっています。

プログラマー

プログラマーは、指示通りになるようにシステムを組み上げていく職業です。WordPressエンジニアやシステムエンジニアなど、様々な種類があります。

平均年収が600万~700万と非常に高いのが魅力的で、中には年収1,000万以上稼いでいる人も。

ただし、必須スキルや知識が多く、半年ほどの勉強期間が必要だと言われています。また、独学してフリーランスとして働くのは難しいので、スクールの利用も検討しなければなりません。

フリーランスでお金をより多く稼ぎたい人は、プログラマーがおすすめです。

中にはそのまま転職できるスクールもあるので、スクールを活用してフリーランスプログラマーを目指すのは割と現実的です。興味があるなら、個人的にかなりおすすめできます。

まとめ

男性が在宅ワークをしている

今回は、未経験からフリーランスになる方法やおすすめ職業について紹介しました。

未経験・スキルなしでもフリーランスになることは可能ですが、正直かなり難しいです。

そのため、知識やスキルを身に付けから副業をし、ある程度稼げるようになってからフリーランスになることをおすすめします。

本記事を参考にして、失敗を恐れず未経験からフリーランスへ挑戦してみましょう。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました